ブルダック炒め麺

ブルダック炒め麺

国内外で愛されている三養食品の代表ブランド

BRAND STORY

ブルダック炒め麺の誕生

スープタイプが主流のインスタントラーメン業界。2011年、三養食品の社長のキムは明洞(ミョンドン)で、激辛鶏料理レストランの人盛りに遭遇しました。
ここから”激辛も旨辛にできる”とアイデアを得て、ブルダック炒め麺の開発が始まりました。

マーケティング部及び研究所のスタッフ一同は、全国の激辛人気店をジャンル問わず巡り、ニーズを把握して世界のあらゆる激辛唐辛子を研究し、究極の旨辛ソースの開発を目指しました。
激辛ソース2t、1200羽の鶏肉料理を試食した結果、最高の配合率を見つけ出し、今のブルダック炒め麺まで至りました。

クチコミで根強い人気

ブルダック炒め麺は、一度食べたその味を忘れることができず、着実にマニア層が形成され始めました。
インフルエンサーの活躍でブルダック炒め麺を活用した様々なレシピが人気を集めており激辛チャレンジとブルダック炒め麺早食い、大食いなど、さまざまな写真や映像がSNSを介して全世界的に流行をし、愛され続けています。